整備の基本三原則

スポンサーリンク
[`google_buzz` not found]
LINEで送る

 

エンジン不調の場合に、

いつでも立ち返るべき基本があります。

 

 

整備の際は、これを念頭に置いて、

整備していました。

 

迷ったら、この基本に何度も立ち返ることで

助けられました。

 

 

年配の方は、良く知っていると思いますが、

整備三原則と言っていいと思います。

1.良い火花

2.良い圧縮

3.良い混合気

これを確認することです。

 

 

まあ、今どきのECUでコントロールする

エンジンでは、あてはめるべき場面は、

少ないでしょうが…

 

それでもこの基本は、変わりません。

 

 

もし、ご自分で整備される場合、

常に頭に置いておいてほしいことです。

 

 

とくに、キャブレターで混合気を供給する

車両の場合には、このことが、役に立つ場面が

多いので覚えておくべきです。

 

[`google_buzz` not found]
LINEで送る