バイクにカスタムエアフィルター K&NとDNAの違いを体感!

カスタム、改造
スポンサーリンク
[`google_buzz` not found]
LINEで送る

上の画像は、ドカティ用

 

ぼくのバイクには、

レーシングキャブレターのTMRを

装着しています。

 

なので、エアフィルターは、

K&Nを付けています。

 

K&Nも15年以上使用しました。

 

そろそろ、洗浄しても汚れが残るように

なってきたのと劣化も所々見られるように

なってきました。

 

 

とくにキャブへの取付けのバンドで

締め付ける部分に形がついてしまって、

元に戻らなくなっているのが取付けにも

ジャマで気になっていました。

 

なので、興味もあり、同様の作りの

DNAフィルターに交換しました。

 

K&Nのエアフィルターで特に何も

不具合はありませんでした。

 

きっちりと掃除さえしていれば、

エアクリーナーとしての仕事は

きっちりこなしてくれます。

 

TMRキャブレターも傷みもなく

15年以上の間使えていたのがその証拠です。

 

フィルターとしては充分な性能を持っている

といえますね。

 

 

DNAフィルターは、K&Nよりも

後発で設計も新しいので

どれだけ違うものなのかと

気になっていました。

 

外観上の違いは、

ラバートップかアルミトップか

ということぐらいでしょうか。

アマゾンより転載

 

今まで使っていたK&Nは、金属製のトップでした。

今回は、ラバートップを購入しました。

 

 

内容物の構成は、ほぼ似たようなものでした。

目的が同じなので当然と言えば当然です。

 

装着にあたって、

フィルターオイルを塗るのですが、

どうしても多めに塗らないとフィルターが

まだらになってしまいます。

 

ぼくがせっかちなのでしょうが、

塗った後に角度を変えておいておけば、

オイルが自由落下で染み込んでいくんですが、

待てなくてどうしても多めに塗ってしまいます。

 

そうすると多すぎたフィルターオイルが原因で

しばらくの間、エンジンをかけるたびに

マフラーから白煙を吹くことになります。

気を付けましょう(笑)

 

話を本筋に戻します。

 

エアフィルターは、

吸い込むごみを取り除くことが目的ですが、

あまりにもごみを取り除くことに重点をおくと、

吸気の抵抗になります。

 

吸気の抵抗を少なくしようと思うと

細かなゴミが取り除けません。

 

要はバランスの問題なのですが…

 

DNAフィルターは、K&Nよりも

吸気抵抗が少ないように思えます。

 

というのは、塗ったフィルターオイルが

定着しにくいのです。

 

具体的に言えば、塗ったフィルターオイルが

どうも落ちやすいようです。

 

フィルター部分が薄く作ってあるから

オイルの量をあまりたくさん保持できない

と言えばいいのでしょうか。

 

これは、K&Nのフィルターオイルを使ってみても

同じだったのでフィルター自体の特性ですね。

 

おおざっぱに言うと、

吸気抵抗が少ないほうがいいか、

集塵率の高いほうが良いか、

の選択になるかと思います。

 

特にDNAフィルターだとキャブが汚れて困る

というレベルではないので

好みの問題かと思っています。

 

詳細にフィルターの汚れ具合を

実験したわけではないですが、

 

設計の新しいDNAが集塵率で極端に劣る

とも思えません。

 

なにより、K&Nのフィルターは、

この分野ではめっちゃメジャーです。

 

当然ベンチマークとして

比較の対象にしたでしょうから、

吸気抵抗も低く、

集塵率は同等になるように

研究されたでしょう。

 

フィルターオイルの定着が良くないから

性能が悪いということではありません。

 

ぼくが長年使ったK&Nと比べると

そうみえるということです。

 

もしかしたら、

長年使ったせいで劣化したK&Nのほうが

フィルターオイルを保持しやすい

だけかもしれません。

 

フィルターとしての性能は、

甲乙つけがたいものです。

 

参考にならないかもしれませんが、

DNAフィルターを数年使ってみての感想です。

 

参考になれば幸いです。

ではまた。

 

 

 

[`google_buzz` not found]
LINEで送る