バイク のアイドリング不調…インジェクションと燃料添加剤

小ネタ集
スポンサーリンク
[`google_buzz` not found]
LINEで送る

 

ぼくがインジェクション車の始動不良や

アイドリングの不調で良く使っていたのが

ワコーズのフューエルワンと

PEAエンジンコンディショナーです。

 

原付スクーターのインジェクション車両では、

よくある症状のアイドリングの不安定さや

低回転から大きくスロットルをあけた際の

振動や反応の鈍さ、回転上昇の遅さ、

トルク不足、スロットルの開け初めに

ノッキングのような異音が出るなど、

走行距離が増していくにつれて、

失った部分を取り戻すことができます。

 

(キャブ車でもエンジンの燃焼室内部やバルブ、

キャブの内部のガソリン通路の洗浄効果

は同じです。)

 

間違ってはいけないのは、新車の状態に

近づけるだけで、パワーや燃費が新車以上に

なるわけではありません。

 

あくまでも現状より良い状態になる

ということで、

目的は、燃焼室内やバルブまわりの

カーボン落としが主な目的になります。

 

カーボンがたまり過ぎると

色々とデメリットがあるのですが、

一番の問題は、

やはりバルブまわりのカーボン堆積だと思います。

このことについては、何度か言ってきましたが、

バルブシートの傷みが圧縮低下につながり、

エンジンの寿命を縮める一番の原因です。

 

今どきのバイクや車では、

ピストン、シリンダーまわりの摩耗で

寿命に影響することは、数十万キロとかの

距離を走らない限りは、あまりありません。

 

やはり、バイクであれば、

バルブ、シリンダーヘッドまわりや

クランクベアリングまわりが寿命に

影響してくる部分です。

 

特に単気筒エンジンであれば、

バルブシートの傷みは、圧縮の低下につながる

うえに多気筒エンジンでないために

エンジンストップや始動不能になりやすい。

 

ぼくが使ったことのある燃料添加剤は、

どれも効き目があり効果を実感できる

ものでしたが、

やはり効き目には、多少の差がありました。

 

おそらくそれは、PEA(ポリエーテルアミン)の

濃度と他を構成する成分によるものだと

思います。

 

効果があると言われる中で代表的で

有名なものでは、

御存じワコーズのフューエルワン。

 

日産のピットワークのF-ZERO。

ワコーズのフューエルワンと同じもので

OEMのものがあります。

 

 

ほかに、試したこと試したことのあるものでは、

PEAの入ったカストロールの

いまは販売されていないエンジン内部洗浄剤。

 

モチュールのフューエルシステムクリーンが

ありますが、効果はありますが、

他と比べると今一つなのと価格的な問題で

常用はしませんでした。

 

AZのFCR-062もありますが、コチラはまだ、

試したことがありません。

 

 

ですが、価格もお手頃で、愛用している

PEAエンジンコンディショナーと同様

PEAの濃度が100%です。

 

いつか確認してみたいですね。

 

効果としては、エンジンの燃焼室になる

シリンダーヘッドとピストンヘッドの洗浄が

目に付くところではありますが、

 

インジェクターのガソリン噴出孔に

ついたスラッジを取ることが

アイドリングの不調には、即効で効きます。

 

上の画像は、ドゥカティ749Sのインジェクター

 

原付車両のインジェクターの燃料噴出孔は

かなり小さいもので噴出孔の影響がガソリンの

霧状の吹き出しの状態にかなり影響します。

 

比較の画像でもわかるように

噴出孔の穴の大きさが違います。

 

小排気量用のインジェクター

 

なので、アイドリングが不安定だとか、

アクセルのチョイ開け時に変な振動や音が出る

と言った症状の場合には、ガソリンに添加剤を

入れてみることが症状の改善につながる

可能性は高いでしょう。

 

もちろん、それは原付に限ったことではなく、

大型車や車にも言えることです。

 

一時期ドカティーの749Sを

所有していましたが、

アイドリングの調子が悪かったので、

色々試している中で、PEAをガソリンに

添加したところ、アイドリング回転数が

かなり変わったことがあります。

 

この場合は、不調の原因は他にありましたが、

原因のひとつであったのは間違いなく、

かなりの変化が見られたのは、

ちゃんと作用している証拠です。

 

 

ガソリンを入れるごとに添加する必要はない

と思いますが、

 

例えば、5000kmや10000kmごとに添加すれば、

それだけで調子は維持できると思います。

 

そのあたりは、ライダーによって使用状況が

違うので様子を見ながら使うべきですね。

 

いまのところ、デメリットはありませんが、

小排気量のシングルエンジンの場合は、

カーボンのバルブ噛みでエンジンストップする

ことがあるかもしれません。

 

これについてはこちらを参考に。

 

参考になれば幸いです。

では、また。

 

[`google_buzz` not found]
LINEで送る