バイクのバッテリーを新品バッテリーに交換するときに注意にすること

バッテリー
スポンサーリンク
[`google_buzz` not found]
LINEで送る

昨今では、新品バッテリーを

ネット通販で購入されるひと

多いのではないかと思います。

 

十数年前は、中国製、東南アジア諸国の製造した

バッテリーは、信頼性の低いものばかりでしたが

現在では、どこのバイクメーカーもOEM品

(標準装着品)として採用しています。

 

確かに、十分、許容範囲内ではあるのですが、

質は、やはり、かつての日本製には劣ります。

 

その現在のバッテリーですが、

あまり気にしていない人もいるようですが、

最初の組付けで寿命が変わります。

 

 

まず、密閉式のMFバッテリーであれば、

希硫酸のパックをグリッと思い切り差し込んだ後は、

 

 

必ず30分以上放置してください。

 

 

そのあとの初期充電も

必ず忘れずにすること

 

 

たった、これだけのことですが、

1,2年後の持ちが違います。

 

これをしないと、最近のものは、

使用状況にもよりますが、

1年持たないものもあります。

 

これをしておかないと、

何度もバッテリー交換する目に

会うかもしれません。

 

上記のようにきちんと組付けをしたとしても

2年程度が交換の目安になるのですが…

 

 

昔の日本製は、使い方によっては、

3年~5年もつものもあったりしたのですが、

最近では、あまり聞きません

 

特に小排気量のバイクは、すべてが

中国や東南アジア製で素材のレベルから

質が違うのでしかたないことかもしれません。

 

素材の質ということになると、

まだまだ日本製が優れています。

 

ですが、小さいバッテリーは、

日本では生産コストが高くつくので

特殊なもの以外は、もう作っていないようです。

 

スポンサーリンク

 

バッテリーの充電については、

バイクの車種にもよりますが、

一度エンジンをセルで始動したら、

原付クラスなら10分から15分走れば、

セルで使った分は、充電されます。

 

中大型ならば、

20分から30分以上でしょうか。

 

 

なので、たまにしか乗らない方や、

近所のコンビニに行くのに使うというような

使い方しかされない方は、どうしても

バッテリーが充電不足気味になってしまいます。

 

こればかりは、持ち主の使い方なので

何ともしようがありません。

 

充電するために毎日余分に走れ~

とも言えないですしね(笑)

 

そもそも毎日のことなので、

ガソリンも無駄にするし、

なんのためにそうするのかわからない~

 

考え方によっては、

質は悪いけど、安いから問題ないとするか、

高いけど変える回数が少なくて済むからOK

と考えることもできます。

 

どちらを取るかですね。

環境負荷を考えると、どうでしょう…

 

スポンサーリンク

 

インジェクション車両は、

始動時に大きな電気が必要なので、

ルは回るけどかからない場合は、

キック始動できるバイクならした方が良いです。

 

その場合、エンジンがかかったら、

アクセルを触らずに少しの時間

アイドリングさせておくこと!

 

 

バッテリー交換の際は、

ふつう充電電圧を測るものですが、

充電されていないこともあるので、

測ることは覚えておきましょう。

 

 

お役に立てば幸いです。

では、また。

 

[`google_buzz` not found]
LINEで送る