バイクのエンジンがかからない カチカチ、ジジジと音がする場合には?

エンジン始動できない原因
スポンサーリンク
[`google_buzz` not found]
LINEで送る

あったかくなってきたし、

ひさびさにバイクのエンジンをかけてみよう

と思い、かけようとしたら、かからない…

 

セルボタンを押すとカチカチ、ジジジと

音がする

 

ニュートラルランプは、ぼんやりとついて

セルボタンを押すと暗くなる…

 

あらら、それは、バッテリー上がりです‼

 

たぶん、一冬バイクに乗っていないとか、

一年ぐらい放置とか…

(ほんとはそれ以上だったりする)

 

とにかく、はやく直したい場合には、

以下が参考になるかもしれません。

 

カチカチ、ジジジという音が出る場合、

これは、スターターリレーという部品

から出る音です。

スポンサーリンク

この場合のみに限った対処の方法ですので、

これで直らなければ原因は他にあります。

 

たとえば、

キャブのガソリンが腐ってかからないとか

燃料ポンプが動いていないなどです。

 

スポンサーリンク

バイクのエンジンがかかるようにする

もし運よく、

バッテリーが完全に上がっていなければ…

 

たとえば、セルモーターは、回っているけど

エンジンがかかるほど勢いがないとか、

 

ニュートラルランプはついているが

セルは回せないという程度であれば、

押しがけでかけられる場合もあります。

 

キック付きの車両であれば、

キックでかけられますし、

ミッション車であれば、押しがけ出来ます。

 

坂道を下ってかけることもできますね。

 

 

そうでない場合

バッテリーを直す選択肢としては、

・充電する

・交換する

・クルマやほかの電源からの補助でかける

・バイク屋さんにまかせる

くらいです。

 

バッテリーを充電する

あたりまえですが、

充電器を持っていれば充電する。

 

もっていれば、やりますよね(笑)

 

それとも、充電器を買う。

今後もバイクに乗るなら、

持っていても損はありません。

 

あとは、バイクから取り外して、

バイク屋さんに持っていくこと。

 

バッテリーを交換する

バッテリー交換については、

自分でするか、誰かに頼むかになる

と思いますが…

 

自分でするなら、以前に書いた記事

バイクのバッテリーを新品バッテリーに

交換するときに注意すること

を参照してください。

 

バイク屋さんに頼む場合は、少し高くなる

かもしれませんが、

クレームも言いやすいので、

そのあたりが気になるひとには

いいかもしれませんね。

 

もちろん自分でする場合は、

購入したバッテリーに問題があれば、

クレームも自分ですることになります。

 

クルマやほかの電源からの補助

この場合は、ブースターケーブルが

必要になります。

 

ケーブルをつなぐときは、プラス、マイナス、

べつにどちらからでもかまいません。

 

車から電源を取る場合は、

ケーブルをつないでから少し時間をおいて

エンジンをかけるようにします。

 

エンジンをかけるときは、

その瞬間が最大に電気が必要になります。

 

最初にかけるときに十分電気があることが

必要になるので、少し充電しておくことで

かかる確率が上がります。

 

バイク屋さんにまかせる

これは、全くバイク屋さんに放り投げて

すべてをおまかせなのか、

 

バッテリーだけ持って行って、

充電してもらうのか、

 

バイクを押して持っていくのか、

バイク屋さんに取りに来てもらうかで

かかる料金が全然違います。

 

バッテリ上がりの原因

単純に放置が原因の場合は、

バッテリーの充電で済みます。

 

ほかには、バッテリーの寿命か、

漏電があるのか、充電状態が悪いのか。

 

充電状態が悪い場合は、

充電電圧が十分にあるか。

 

具体的には、エンジンがかかっているときに

テスターを当てて充電電圧が

12ボルトから15ボルト出ているかどうかです。

 

測るときのエンジン回転数は、

バイクにより違います。

 

たとえば、アイドリング時の電圧や

5、6000回転にあげたときなどを見たりしますが、

おもに電圧の上限や下限、安定度を見ます。

 

あくまで

電圧に変化のあるところで見るので

回転数は変化のある所や安定するところを

見てたらそうなるという結果です。

 

これは機種ごとに

良好と判断できる数値が違います。

 

ご自分で判断する場合は、

数値を確認しておくことです。

 

この場合の原因は、

たいていは、レギュレーター(電圧制御)ですが、

たまにジェネレーター(交流発電機)が故障

していることもあります。

 

あとは、

単純にバッテリーの劣化ですが、

この場合、充電を一度した場合でも

すぐにまた同じ状態になります。

 

バッテリーテスターで計測するのが

カンタン確実ですが、普通は持っている人は

いませんね。

 

でも、普通のテスターをあてて、

始動時の電圧がどこまで下がるか

測ればわかります。

 

健康なバッテリーは、始動時に電圧が

11ボルト以上で止まります。

 

グレーゾーンは、

10.5~11.0ボルトの電圧です。

 

これ以下の電圧は、

交換した方がいいです。

 

これは劣化により、バッテリー容量が

減っているのです。

 

なので、交換しかありません。

 

まとめ

バッテリーは、消耗品なので

いつかはダメになることは

知っておくべきです。

 

なるべく、長く持たせたいなら、

バイクに乗るべきですが、

そうもいかないのであれば、

充電器を買っておいたらいいです。

 

値段もいろいろありますが、

あまりにも安いものはおススメできません。

 

場合によっては、爆発、火災につながるので…

ぼくは、オプティメイトを使っています。

 

初期型から愛用しています。

いまは、オプティメイト4ですね。

 

 

今、一般に売られている充電器は、

自動のものがほとんどなので、

乗りたくなったら前の日にでも

充電を始めればいいのでカンタンです。

 

バッテリーが使えるものであれば、

それですみます。

 

確実に使える状態にしておきたいなら、

充電器をつけっぱなしで大丈夫なものに

しておけばいいです。

 

ただし、

小さな電流でコントロールしてるので

時間がかかるということはお忘れなく‼

 

お役に立てれば幸いです。

では、また。

 

[`google_buzz` not found]
LINEで送る