バイクサスペンションのチューンナップ その2

サスペンション
スポンサーリンク
[`google_buzz` not found]
LINEで送る

 

以前にサスペンションのプリロード調整をしてみよう

ということを紹介しましたが、入り口としては適当だと思います。

 

次に手を付けるなら、ダンパー調整になると思いますが、

プリロード調整とはどういうものかを説明しておきます。

(プリロード…初期荷重)

 

基本的には、車両の乗車時の姿勢維持です。

 

サスペンションのストローク(移動量)は、

どんなサスペンションでも限りがあります。

 

というか、設計時にストロークは、決まってしまいます。

 

どんな人が乗っても、車両ごとの適切な車両姿勢を

維持できるようにするためにプリロード調整をします。

 

例えば、スプリングレート2.0㎏/mm、ストローク

100mmのサスペンションユニットがあるとします。

 

 

これは、体重50キロの人が乗れば、

25mmスプリングが縮むことになります。

体重100キロの人が乗れば50mm縮みます。

 

 

この車両に体重100キロの人が乗ると

50キロの人が乗った時よりも25mm縮みます。

(実際には、車両重量やサスリンクで違います)

 

そうすると50キロの人が乗車した時に25mm縮んで

残り75mmであったストローク量も縮んで

残りストローク量50mmになります。

 

これを補正するためにプリロードを25mmかけてやれば、

100キロの人が乗っても残ストローク75mmを確保できるのです。

 

50キロの人が乗る車両に100キロの人が乗ると残ストローク

少ないのでサスペンションが底突きしたり、25mm伸び側

のストロークが増えたためにデコボコを走った時に

サスペンションがフワフワと感じる動きをすることになります。

 

逆に体重の軽い方の場合は、設定されたプリロードを

超える重量がかかるまではスプリングが動かないので

ガツンと衝撃を受けることになります。

 

なので、車両ごとの適切な姿勢を維持するために

プリロードを調整するのです。

 

具体的にイメージできたでしょうか?

 

実際には、その人なりの好みもあったり、テクニック的な

こともあるので調整は理屈通りではないでしょうが、

概ねこんな感じです。

 

[`google_buzz` not found]
LINEで送る