原付バイク・スクーターの日常のメンテナンスについて

原付スクーター
スポンサーリンク
[`google_buzz` not found]
LINEで送る

 

原付スクーターのメンテナンスは、現在フューエル

インジェクション車が主流になっているので、

普段することは、あまりありません。

 

メインは、オイル交換、タイヤの空気圧のチェック、

調整くらいでしょう。

 

タイヤの空気圧は、車両に記載されている数値に合わせれ

ばいいと思います。

 

面倒であれば、前後とも2.0㎏/㎝²(0.2Mpa)にしてください。

 

標準は、もっと低いですが、チェックの頻度からすると

高めに入れておけば、見る回数が少なくてすみます(笑)

 

スポーツバイクではないので、そこまで神経質になる

必要はないでしょう。

 

 

スポンサードリンク



 

メインとなるのは、

オイル交換ですが、これは、結構重要です。

 

と言ってもオイル交換するだけですが…

状況によって、交換のタイミングを変えるべきです。

 

詳しくはこちらに⇒バイクの寿命…オイル管理

 

その他には、もう少し走行距離が増えたり、

年数が経過したものはチェックした方が良いだろう

ものになります。

 

おっと、その前に1点だけ、例外があります。

冷却水の交換です。

2,3年に一度は交換してもらいたいのと

点検窓からでもいいので冷却水のレベルを

チェックしておきましょう。

 

最近の原付では、50㏄でも水冷式のエンジンを搭載

しているものが多いので、冷却水の不足や劣化で警告灯、

ウォーニングランプが点灯してしまう原因になりますので

気を付けましょう。

 

さて、距離や経過年数が増えたら、交換したい、または、

チェックすべきポイントですが、主に駆動系の消耗に

なるでしょうか。

 

目安の距離としては、ザックリ言ってしまえば、ホンダ

さんは、ドライブベルト、ウエイトローラーは、新品

から、チェックが1万キロ、交換が2万キロでしょうか。

 

ヤマハさんは、もう少し長くても良いかもしれませんが、

測定は、した方が良いでしょう。

 

ドライブベルトの場合、新品より1.0ミリ以上の幅の減り

があれば、最高速度に影響が出ます。

クラッチシューに関しては、各社、年式や車種によって、

マチマチですし、使用者の使用状況にも大きく左右されます。

 

ですが、用心するのであれば、2万キロ超えれば、

ホンダ、ヤマハでは、クラッチシュースプリングは、

交換しておくべきでしょう。

 

ノーマルのメンテナンスということであれば、

こんな感じでしょうか。

 

納車整備でもこの辺りが中心やっていました。

また、気付いたことがあれば、追記します。

[`google_buzz` not found]
LINEで送る