原付バイク・スクーターのタイヤ交換の手順 カンタンです!

原付スクーター
スポンサーリンク
[`google_buzz` not found]
LINEで送る

近頃では、とても手軽にスクータータイヤは、

入手しやすくなりました。

 

ご自分で交換する方も多いと思います。

 

そこで参考までに交換する際の注意点、

具体的な方法などを紹介しようと思います。

 

参考になる動画を作成しました。

以下で確認してください。

原付スクーターのタイヤ交換の動画

 

 

ホイールの脱着に関しては、機種ごとに違うので

ここではホイールとタイヤの交換だけを書きます。

チューブレスタイヤの交換です。

 

まずは、

ホイールについているタイヤの空気を抜きます。

タイヤバルブのムシをムシ抜きで抜きます。

こういう形状のものです。

 

一例として、ぼくのものは下の画像になります。

ほとんどはこれよりもコンパクトな短いものが多いです。

 

次に注意点となるのがビード落としです。

ビードの位置は、以下の画像で確認ください。

 

ビードを落とした状態というのがこちら↓になります。

 

両側ともこの状態にします。

 

ビードブレイカーと言ってビードを落とす

道具がありますがいろいろあります。

 

タイヤチェンジャーについてるもの、

ビートブレイカーだけの機能のものなどです。

ここでは、これらは使いません。

 

整備環境によってひとそれぞれなので、

まずは、人力で済む方法で説明します。

 

方法としては、タイヤレバーになります。

 

他には、タイヤとホイールの密着がゆるい場合は、

クツのかかとで出来る場合もあります。

 

かかとがカタい材質の作業靴とかであれば、

よりやりやすいです。

 

黄色の線の部分にかかとの角を当てるイメージです。

できるだけホイールに近くタイヤを踏む。

 

ギューっと力をかけるのではダメです。

一気にギュッと踏み抜きましょう。

 

カルい密着のものであればこれでビードは落ちます。

 

落とすことができないようであれば、

タイヤレバーでします。

 

タイヤレバーもいろいろ種類がありますが、

ぼくの使うのはこのタイプです。

上の短い方は、少し材質が柔らかく、

長い方は、かたい材質でできています。

 

それぞれ一長一短ありますが、

今回は、長いほうで作業します。

 

短いほうが一般に売っているサイズが多い

と思います。

 

ぼくは慣れてるので長いほうがラクに作業できます。

 

長いほうは、てこの力が強く、ラクですが、

その分ホイールを曲げたり傷つける

リスクが高くなるので注意が必要です。

 

上の写真のレバーの上側を内側、下側を外側とします。

 

基本的な、タイヤホイールとの作業中の位置関係。

いちばん力が入れやすいです。

まずは、

タイヤとホイールのすき間をあけるために

内側を自分のほうに向けてレバーを差し入れます。

 

これで、確実にビートを落とすために

ホイール一周します。

カルいチカラでかまいません。

 

すき間ができたら、

今度は、レバーの外側を自分側に

向けます。

 

またこれで一周してもよいのですが、

おそらく途中でビードが落とせるようになります。

 

あまりタイヤが動かない場合は、

何回かまわってみましょう。

 

おそらくほとんどの場合は、

この工程でビートは外れます。

この状態です。

両側をこの状態にします。

 

ここから、

ホイールとタイヤを分離する作業になります。

 

レバーの外側を自分のほうに向けた状態で

レバーを差し込みます。

この際に注意しなければならないのは、

必ずレバーを差し込んだ反対側のビードが

落ちている状態にしておかなければなりません。

 

でないとビードが伸び切って、レバーが上がらなく

なってしまうからです。

 

無理やりにすると、最悪タイヤゴムの中で

ちぎれてしまいます。

そうなるとベルトの切れたズボンの状態になります。

 

チカラのある人だとそうなりかねません。

 

まあ通常は、そのまえで

ホイールのリムが負けて曲がったり、

レバーが曲がったりするのですが…

 

スポンサーリンク

 

ビードを外す作業中は、常にレバーの反対側の

ビードがあがらないように気を付けなければなりません。

 

それを防ぐため、ぼくの場合はヒザか足で踏んで

押さえています。

 

作業中の2本のレバーの間隔は、なるべく狭めにして

最小限の力で上げるようにしてください。

 

タイヤを取り外す場合、

レバーの間隔は広いほうが

早く取り外せますが、チカラも必要なうえに

そのあおりでリムに大きな傷や曲がりが

出るので気を付けましょう。

 

特に原付スクーターの鉄ホイールは、

やわらかいので注意です。

 

片側からレバーでビードを外せたら、

同じ方向から

もう一方のビードも同様のやり方で外します。

 

これで取り外しは完了です。

 

さて次は、新品タイヤを装着します。

 

上の写真のビードのホイール接触部分に

サビがありますが、

新品タイヤのこの部分に

組付け時のタイヤの滑りをよくする

ビードワックスか、なければ、

肌に害のない洗剤やせっけん水をけてください。

 

何でもいいです。

 

ホイールに新品タイヤをかぶせます。

ビートを片側づつ入れていきます。

 

通常新品タイヤのほうが柔らかいので、

入れやすいはずですが、はじめての人は、

ここで力ずくで入れてしまい

ビートを伸ばしてしまうことが多いようです。

 

新品タイヤをダメにしないためにも、

先ほど言ったようにレバーの間隔は

できるだけ狭くしてはめ込むようにしましょう。

 

はめ込み時のレバーの向きは、自分のほうに内側を

向けます。

 

最初は手で出来るだけビートをはめ込んでいきましょう。

 

入らなくなってから、レバーで入れるようにします。

 

その際は、

タイヤの自分側を足やヒザで押え込むほうが

やりやすいです。

 

当然ですが、レバーは、自分の頭の方向で使います。

ほぼほぼ、最終局面ですが、

ここまでの間もレバーを使う反対側は、

両側のビードが上がらないように

作業途中でたびたび注意しましょう。

 

作業が順調に進めば、画像のようになります。

ビードが伸びていない、ホイールに対して、左右均等な

位置にタイヤがあれば、空気を入れる段階です。

 

エアバルブの位置とバランスマークを合わせます。

確認が完了したら、エアバルブにムシを取り付けて

エアを入れてください。

 

最後にきちんとタイヤのリムラインがホイールリムまで

全周にわたって出ているかどうか確認します。

もしでていないところがあれば、

再度ムシを取り外して

空気をぜんぶ抜きます。

 

出ていないところに先ほどのビードワックスか

洗剤をたっぷりと塗り、ムシを取り付けて空気を入れます。

 

これでリムラインがきちんと出ていれば作業は完了です。

 

ビードを上げるときは少し高めの空気圧まで入れて

大丈夫です。

指定空気圧の2倍くらいまでなら十分でしょう。

 

エアコンプレッサーがあればいいのですが、

なければ、普通の自転車用の空気入れでもできます。

(バルブアダプター付きですよ)

 

ただし、ビードを痛めていないことが大切です。

ビードが伸び気味だとなかなか入りません。

 

その場合には、タイヤを地面につけてる場所を

何度も変えながら空気を入れたり、

バルブマークを無視してタイヤの位置を

変えても構いません。

 

50㏄であれば、バルブ位置があっていなくても、

振れが出ないことのほうが多いです。

 

もし、気になるのであれば、

100kmほど走行して、形がなじんでから、

バルブマークに合わせれば、

空気が入れられる場合もあります。

 

最悪ガソリンスタンドでもセルフで

入れられるのでなんとかできるはずです。

 

一番カンタンなのは、

エアバルブのムシがない状態で

エアコンプレッサーの空気を直接エアガンで

吹きこめばほとんどの場合ビードは上がります。

 

あがれば、チューブレスの場合、

”パンッ、パンッ”と

2度ビードの上がる音がします。

 

作業は自己責任の下、

注意しながら行ってください。

 

これで完了です。お疲れ様です。

 

お役に立てば幸いです。

では、また。

 

[`google_buzz` not found]
LINEで送る